is デブ 朗らか?

たまたま思いついたのがこの英語での文言でのタイトルなだけで、

アメリカ人がデブだとかそう言う話をするつもりはないです。

安心してくれアメリカンフレンズ。見てるかどうかはさておき。

 

 

ちょうど1年ほど前、100キロ近くありました。

100キロっていうと0.1トンなんです。

 

僕0.1トンあるんですって話の流れで言えればこれ以上ないほどのつかみになって、

逆に「えーそれ膝とか大丈夫なのー?笑笑」とか「すごーいお尻のお肉やわらか〜い笑笑」とかそういう笑いに溢れた展開になるのはデブの皆様ならご存知でしょう。

 

デブは朗らかなイメージがあります。

世間的に見ても、個人的な経験から見てもそれは正解で、

今まででMAX痩せてた60ンーーキロ(66ぐらいだったと思う、高校時代)の時は、

それこそ多感な時期なのもあってか、非常に不安定でした。ナーバス野郎でした。

 

痩せてる事そのものがマズイのかなんなのか、あくまでも体感的なモノになるのでわからないんですが、

何かがまずかったらしいです。わからねえ。

 

デブに笑顔がつきものなイメージもあります。

ところが、僕はそんなに笑わないデブです。

後天的なデブは朗らかではない可能性もありますが、それにしたって「デブ is 朗らか」みたいなイメージがついて来る訳です。

 

非常に限られたデブの話になりますが、

小さい頃からデブで今もデブな方。これはやたら朗らかで陽気な感じがあります。

名付けるなら先天性デブ。言葉のチョイスで急に印象が悪くなるのはよろしくないけど。

 

難しいところで言うなら、ガリガリの骨川スネ夫タイプは確かに一癖あるイメージ。

なんでだろう。小柄だから周りの環境に左右されやすいのか、それとも…

小柄だから周りの環境に適応しないと生きていけない、と常にアンテナを張り巡らせているのかも。

 

小型犬と大型犬の落ち着きが全く別モノなのがそこに由来するかもしれません。

小型犬は被捕食者となりうる自然界で、吠えて突っ張って尖ってないと死んでしまう訳です。

大型犬は捕食者側なので、王者の風格と言いましょうか、行動一つ一つにゆとりがあり、いざという時にブチ切れて吠える。

 

これが同じ哺乳類でもある人間にも何か由来するところがあるのかもしれません。

デブ is 朗らか。デブ have ゆとり。

なるほど。デブデブでなく大型人間だったのだ、と。

 

お風呂は毎日入りましょう。これはデブとのお約束だぞ。

 

f:id:akipedia2400:20180720113002j:image

最後になりますが、デブは80キロ台に無事戻りました。ご安心ください。

 

「おもしろい事」の積み重ねで人生が出来上がる

「一発逆転!不労所得!年収6000万!!」みたいなやつですけどね。

 

よくあるビジネスの有料メルマガとかでも言いそうなことじゃないですか。

ああいう胡散臭さに輪をかけて水をかけて手を合わせ崇め奉るようなワード。

 

まず無理やで。

 

人生は数奇なもので、

いろいろなことの積み重ねで生きていることに気づかされることが多々あります。

 

実際に生きているとわかります。

あの時の経験はここで活きている。

ここで覚えたことはこんなことに役立っている。

 

スキル=知識+経験なのは言うまでもなく、

才能至上主義の方はそこで成長が止まると言っても過言ではないわけです。

 

人生、楽して暮らしたい!

誰しも思う事ではあります。

 

激しくクズな僕も28になり、

改めて昔やっていたようにブログを不定期的につけ、

あーでもないこーでもないと脳みそをフル回転させ、

ここぞという時に「あっ。どうすればいいんだっけ」とならないように

神経物質のニューロン伝達に磨きをかけるわけです。

 

今、職場で働く分にはある意味「そこそこの面白み」しかない事に気が付きました。

というか最初から気が付いていました?かもしれない。

10も20も職場を転々としてきて、それでも「ここが最高だった」と言えるところには

全くもって当たっていないから。というのが持論です。

 

ロマンが好きです。

面白いことが好きです。

独創的なことと、創造性にあふれることが好きです。

 

休みの日には面白いことをめがけて出かけ、なにか「おもしろい」に対する

脳がシビレルようなヒントを得て帰ってきます。

いつかこの「おもしろい」を、自分なりに面白くするために。

世間的にそれが面白くなくても、俺が面白ければええねん、と思いながら。

 

明日は一日まるっとお休みなので、少しその面白いを形にしてみようと思います。

いや、面白いかどうかはまだわからないか。

面白そう、を形にしてみて、実際に面白かったらまたやります。

 

ブレインストーミングと語彙力に乏しいブログ記事になってしまったね。

こんな記事でも毎回100人近くが読んでくださっているのがうれしい限りです。

更新通知とかもつけてくれてる方もいるようで、ホントありがとうございます。

精進します。日々面白そうなパラメーターを鍛えます。

 

将来的に(もうスカウトしてるけど)高校時代の非常に才に溢れた親友と

1本動画撮れたらいいななんて話をしております。

 

こうご期待。

それまでに動画のスキル上げなきゃな、頑張ります。

 

じゃあの。

obsession.

obsession.

 

とりつかれること。

強迫観念という意味合いもあるらしく、

目下、今の私はこの単語が非常に似合う状態となっておりまして。

 

仕事に取り憑かれ、

ゲームに取り憑かれ、

人間関係に取り憑かれる。

 

You know,lifetime is just limited.

I'm going to ”limited lifetime” to some kind of purpose.

 

What is the purpose of my lifetime goes?

I already know?Or only 8,000,000 GODS  know?

Probably,to make sure and not wrong way to next important ”limited lifetime”.

 

誰も正してくれへんぞ、自分で切り開け。面白いことしようぜ。

人生後何年あるか知らんぞ。

でっけー地震に翻弄された数日間のお話。①

ご存知の方はご存知。

大阪北部で震度6弱地震があったのがつい5日前の朝でした。

 

f:id:akipedia2400:20180623111009j:image f:id:akipedia2400:20180623111042j:image

 

6/18 7:58

高槻の自宅で爆睡している所、震度6弱地震に見舞われました。

誇張表現でもなんでもなく、電車の揺れを100倍ぐらいにした感じで、マジで死ぬかと思った。

その日は休みでしたがそこから数日間どえらい忙しかったので、備忘録をつけましょう。

 

 

8:15ごろ

余震がおさまってきたので、電気が開通しているのを確認してテレビをつけました。

ここではじめて高槻が震源だという事が判明。マジか…って感想しか出てこなかったのを覚えています。

 

f:id:akipedia2400:20180623111042j:image f:id:akipedia2400:20180623111258j:image

 

嫁さんが職場の方に画像送ったら「ド派手な夫婦喧嘩?」みたいな反応されてたのは笑った。

あながち間違ってない可能性もあり。(実際前日めっちゃ喧嘩して夜中遊びに行くのやめて地震にあった)

 

自宅の破損物確認。瓶類は落ちたものの無傷、中華用の回転皿のうちの一枚とワイングラスが破損。

玄関、リビング、寝室の棚、自宅ほぼ全域で落下物あり。

 

9:00ごろ

職場関係者、自身と嫁の親、祖母、弟の無事を電話で確認。

祖母が住む実家も高槻だったのですが、やはり落下物多数との事で、父親から救援に向かうよう要請あり。

ガス、水道が死んでいることに気づき、ちょっと焦る。

 

12:00ごろ

余震が少し収まったものの、まだ15〜30分おきに小刻みな有感地震あり。

少し落ち着いたので、周りの確認がてら嫁さんと食料補給にイオンまで歩くと、道中わかっただけでも

「電車がストップしているため歩く人たち」

「電車が使えないので車使う人」

「大量の緊急車両」

「イオンに入るための道路に並んだ渋滞列」

 

地獄絵図でした。

水、パンは既に売り切れており、

f:id:akipedia2400:20180623110851j:image f:id:akipedia2400:20180623110919j:image

イオンもこの有様。こんな中にもかかわらず本当にありがとうございます。

 

水はとうに売り切れており、アクエリアス、お茶、ポテチ(腹膨れるのと塩分の塊だから)を購入。

水分系統はほぼなくなっていました。気持ちはわかるがケース買いは勘弁してくれ…。

 

お腹は空いていたものの、食べるところもなく困り果てていたら、営業停止一歩手前のかつやさんを発見。滑り込みでカツカレー。 

 

f:id:akipedia2400:20180623112843j:image

 

 

15:00ごろ

実家に救援。道中も塀が崩れかけていたり、実際にその風景を見て「あぁ、被災地になったんだなぁ…」と実感。

よくよく考えてみればニュースで見る映像も知った場所ばかりで、これは大変な事になりましたなぁと。

実家はテレビが故障していたので復旧させ、落ちてきていたものの高い場所にあったものを安全に気をつけつつ再度しまう。

 

20:00ごろ

なんだかんだしてたら20時ごろになり、よくよく考えたら「ガス使えないから風呂に入れない」という初歩的な事に気がつく。

 

f:id:akipedia2400:20180623112721j:image

 

ヤベエ。明日仕事だ。

晩飯どうしよっかねーなんて言いながら嫁さんと外走ってたら、これも奇跡的にビッグボーイが生きてたので入店。お前…生きてたのか…。

ガスはプロパンか…??

f:id:akipedia2400:20180623113512j:image

 

たらふく水飲んで飯食って、向こう数日メシいらねえよぐらいの気持ちで帰りました。

ホンマに助かった。ありがとうございます。

 

この後家に帰り着くわけですが、余震があまりに多すぎて眠れないまま次の日に続く。

30分おきに揺れる。寝付いたと思ったら揺れる。

 

18日、当日はこんな感じでした。

なんでこんな時に仕事あるんだと、ちょっとだけ怒りゲージ溜まってました。そんな感じ。

そちらのあなたに感謝を!

「先月のブログPVが100を超えました!」というお知らせがやってまいりました。

 

1ヶ月1〜2回更新して、とりとめのない事をボチボチブツブツと呟いているこのブログに、

月100回、どなたかに見てもらって1回なにか人生のヒントになるものがあったなら。

 

それは非常に光栄な事ですので。またぜひ見てやってください。

いつもいつも、本当にありがとうございます。

なにとぞお手柔らかに。

 

実は、もともとブログをやってたこともありまして、

なにかちょっと見やすいなにかがあるのかもしれません。わからん。

 

今日は休みなので、なにかと難易度の高い日でした。

布団から出るのが既に難易度高くて、お出かけの意思を持ちながら見事に二度寝の魔力にやられました。

幸せな休日を過ごしたら明日から7連勤が待ち構えてるので、気合い入れて休養します。

 

今から梅田行くんだけどな。

 

じゃあの。

ハングアップするニダ。

世間一般的には「ひっかける」とか「唐突に電話を切る」とかいうらしいです。hang up。

 

なんで「システムがフリーズした時の現象名」ってなったんでしょーね。電話を切るかのごとくいきなり固まるから?

わからないけどね。英語なりの比喩表現ってやつかな。

 

・シンクロニカ

大幅に近づきました☆7。2ヶ月かけて詰みの局面まで寄せました。

 

当初長らく(非常に長らく)問題視されていた僕のいきなり枯れ果てるモチベーション問題も、

なんとか、ホントに驚くぐらいには維持できています。

9割5分ぐらいはひとちゃんのモチベが鬼の様に高いことが要因なので、誘い水ってホントに大事だと思います。

 

もうちょろっとかかると思いますが、今月中にはやっつけて楽になります。☆7になったらサンセットカラー触ろうね。

こっちはハングアップしてないニダ。

 

・おしごと

こっちよ。

6月超絶多忙により、遊ぶとか遊ばへんとかそういうヌルいことが多分言えません。

なんなら今後もこの体勢で行くのならちょっとゲームどころではねえ。

早く人が入って来てほしいです。マジで。マジで頼む。誰かうちの店で働かねえか…うごご…

 

・雑多

どシコりけい。って感じです。

8連勤の最終日です。つかれた。

 

疲れてると自己防衛出るよね。

can somewhere someone help me

へるぷみー たすけてー だれかー

 

somewhere closer I can hear a wedding bell.

皆様の大きなお力添えを頂き、

去る18年5月3日、無事挙式・披露宴を行うことが出来ました。

本当によかった。この一言に尽きます。

 

 

今回の挙式に際して、本当にギリギリのタイミングまで

「この披露宴というイベントに何かこれからの分岐点が用意されているのだろうか」とか

「結婚は墓場だと言い続けて来た大人たちに会って来たぶん、本当に大丈夫なのだろうか」とか…

 

 

ある意味、先が見えない不安?というか、心配?それでもやってくる独特の浮遊感?

そういう色々な思いを胸に、当日になる訳です。

そういう意味では、もしかすると少し否定的な考えだったかもしれません。

 

 

経験者は語る、とよく言います。

これは本当に経験者しか語れない達成感と言いますか。

 

今までの人生でこれだけスポットライトを浴びて、多くの方に祝われるなんてなかなかない事から、そういう達成感。

あぁいよいよ結婚したんだな、と、過去の自分に対する決別?ではないんですけど、そういう達成感もあり。

式そのものをアイディアから起こして、自分達だけのものを作ったぞ!ってな達成感。これもあります。

 

 

もちろん、式そのものを作る最中は大変な事も多々ありました。

嫁さんは仕事をしながら外装のペーパーアイテム、席次表を作って、

僕は僕で仕事をしながらプロフィールムービー、オープニングムービーに手をかけ、

最後3日ぐらいは、ホントにあわや3徹ぐらいの勢いで制作物やってました。

いよいよそれでも間に合わないとわかったら、最終兵器マカロニグラタンを発動させ(その節は本当にありがとうございます)

3日の朝6時40分まで制作物にかかりっきり。

 

月並みな感想しか言えないのがホントに残念なんだけど

「マジで死ぬかと思った」

そういうのもまた、ひとつの思い出として「ああ、あの頃は若かったよね(笑)」みたいな振り返り方を出来れば幸せかなぁって思います。

 

 

なんせ、総評すると、

 

「やるかやらないか悩むぐらいだったら、やった方が絶対いい」

 

…と今はひしひし痛感します。

 

これ、事後だからすごくよくわかるんですけどね。

ある種、これだけの式をン百万かけてやる事なんてまぁーーーーないです。贅沢品です。ぶっちゃけ。

でも、その事自体は人生で(基本)1回きりしか堪能できない訳ですね。結婚式ってそういうもんだから。もちろんだけど。

 

まず一番に大きいのは、意外なところで「旧友との再会」って所に挙げられるかな。

僕の場合は旧友っていうか年2で必ず会ってる高校時代の親友しかお呼びしていないので、そういう面は嫁さんがかなり感じてくれたかも。

 

あとは、「ご親戚の喜ぶ顔が見られる」とかかー。

これ、結構大事で、まだお会いできてないご親戚の方ってすごく多いんですね。めちゃめちゃ会えない方っているんです。

来てくれるんです。お祝いしてくださるんです。

ね。いい機会じゃないですか。ここを機にお近づきになっていろんな話聞かないとな訳なんです。

ゆーて式中はなーーーんもでけんかったかなーってぐらいバタバタしてましたけどね。

 

ホントに、語ろうとしても語り尽くせない程のいい思い出に満ちていました。

これをいい機会として、改めて帯を引き締めるが如く頑張ろうと思える経験でした。

 

ご協力いただいた皆様、お越しいただいた皆様、お祝いをいただいた皆様、

感謝の念は絶えません。本当にありがとうございます。

これからも精進して、ますます頑張ります。

 

 

 

あ、ビデオカメラ買ったので料理ネタのYouTube動画投稿が今後ちょっとクリアになると思います(宣伝)