読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Rezonators 総括

詳しい事は集計のいりむさんが全て書いてくれてるので、僕は僕の視点で総括を。

今のシンクロニカ情勢、正直ユーザーめっちゃ少ないんで絶対参加者少ないと思ってた訳ですね。
それがフタを開けて集客してみたら60人もの方々に参加していただけて、本当にありがたかったです。

その60人が切磋琢磨して競い合い、時には自己ベストなんてぶち抜きで、あわよくば全国トップのスコアを更新しながら大会が推移していく様は
本当に、本当に圧巻でした。

僕は僕なりに(ちょっとリアルが多忙過ぎて詰め切れなかった時期もありましたけど)参加させて頂き、結局準々決勝でひよりんに負けちゃった訳だけど、
相手の得意曲をもってしてここまで追い詰める事が出来たのは本当に嬉しかったです。
あわよくば撃破してビッグビート扱いでチヤホヤされたかったのは事実。笑
でも、自分の成長はハッキリ感じられました。まだまだ全国ランカーに食らいついていける自信が生まれました。

そうそう、全国ランカーが多数出場してくださってて(なんとグルコスの天下一出場者も2名出てくださってるんだよ凄くね!?)、一桁ランカーの自分なのにめっちゃランカー厨出来たのホンマにしびれました。
どう見ても俺はランカー厨。でも幸せ。

公式のキミズさんにも参加していただいて、なんと1周年記念のビデオメッセージでも触れていただいて。感無量とはこのことか。泣いて良いぞ俺よ。
実際にキミズさんを倒したのもコーホーちゃんでした☆テヘペロ☆←

集計のいりむさんにはホントにご苦労をかけてしまいました、巣鴨でチヤホヤするから許してやってね…!

もっとまとまりのない話をすると、準々決勝の対ひよりん。
自分はひとまず埋め作業だけはやったタチなので、ひとまずのところはどんな曲でも勝負できるはずだったんだけど「やっぱり/ヤベェって顔しながら」トリューだったので、ある意味最悪のシナリオでした。
っていうのも、シンクロニカにおける「グリッサンド」って技術が極端に苦手で、このグリッサンドを果たしてどう攻略しようかっていうのが最大の課題でした。
(どこで判定取られてるのかイマイチわかってないのよね)

その苦手と改めて向き合いつつ、今後確実に練習すべき要素でもある密度+ズレ、なおかつチャンスがあるWHAT'S MY NAME?をぶつけたのは
「200回近くやってこのスコア(当時それでも相当高かった)なら確実に自己ベスト近くまでしか伸ばしてこないだろう」っていう根拠のない自信と、「俺ならもっとやれる」っていうもっと根拠のない自信がゆえの選曲でした。

今考えるとなんちゅームチャクチャな理由なんだとは思ったものの、勝算はちゃんとありました。
絶対にこぼさない選曲をした上で、そこそこに良い線いくスコア(当時全国3位まで伸びてました)も出して、トリューも5位とかだったのかな。伸びて。
それで負けたら悔しいけど本望です。ひよりんはまだまだ強かった。

というか、俺に負けたらあかんやろって本人もなってたんやろねえ…w

仮にその後リュエンくんと当たってたら何投げてたって、そりゃあ伸ばしたい曲飛ばしてましたよ。インベーダー?ノンノン。飛ばすなら絶対にコレっての決めてまして、「六兆年と一夜物語」だったんですねえ。
絶対に負けるの分かってるけど、俺が伸ばしたかってん。それだけやねん。

ありがたいことにリュエンくんは無事ひよりんと当たって、完膚なきまでにボコしてくださってて。
高槻てめえエゲツねえな!!ってなってた次第です。俺も高槻やけどさ。

高槻組系組長は今日巣鴨でシカしてるはずです。
高槻組系広報も巣鴨行きます。ペットのぴよりんが組長の肩に乗ってます。たぶんね。

じゃあ!巣鴨行ってくる!